ブログトップ

あらいぶきっちん

otofu.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

つながる野菜プロジェクト

三重オーガニックマーケットでご一緒している
はらぺこあおむしの西木さんからのよびかけです。

以下、紹介のチラシ全文です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つながる野菜プロジェクト
~石巻市の避難所へ、熱い気持ちを美味しい野菜に乗せて届けよう~

このたび、愛農会、伊賀有機農業推進協議会(以下伊有協)、
三重オーガニックマーケットにつながる有志により
「つながる野菜プロジェクト」が始動します。

「つながる野菜プロジェクト」とは、東日本大震災で被災した人たちを
目の当たりにして、遠く伊賀の地にもあふれている
「なにかをしたい私達の気持ち」を農家さんは野菜に込めて、
時間をくださる方は出荷作業に込めて、お金をくださる方は運賃に込めて、
力をあわせて「心がこもった野菜」を被災地に送り、
被災地の人たちとつながろうというプロジェクトです。

<きっかけと概要>
きっかけは5月21日、愛農高校3年生保護者の徳永美嘉さんから
愛農会にかかってきた「被災地に野菜を送ってもらえないか」という
1本の電話でした。
徳永さんは宮城県石巻市を拠点に環境保全活動を行う
「NPO環境ネットワーク」のもとに「つながる炊き出し隊(ブログ)」
を組織し、現地の避難所で炊き出しを行っています。徳永さんの要請を
受け、愛農会から伊有協、三重オーガニックマーケットに連絡が入り、
これら3団体に所属する有志らによって、野菜や乾物などの食料品を
農家さんなどから調達し、被災地に送りはじめました。
「とりあえず送れる野菜を被災地へ」と始まった取り組みでしたが、
みなさんの協力により予想以上に多くの食料品を提供して頂けることと
なり、被災地にニーズが有る限り、こちらも継続して野菜を送れる
システム作りができないか、と考えるようになりました。

<ご協力のお願い>
私達はこの取り組みを継続していくために、
次のような協力を皆さんにお願いしたいと考えます。

★野菜の提供
生野菜(規格外などで販売できないものでもOK)
乾物(干ししいたけなどの乾物。わかめやひじきなどの海産物も歓迎)
みなさんのお申し出と被災地のニーズを聞きながら
その他の品も送りたいと思います。

★支援金
送料や物資運搬のための経費などに使用。
*物資の買取費用にも使用する可能性あり。

★労働力の提供
野菜の仕分け、発送作業、収穫作業のボランティア。
*ボランティアとしてお手伝いしたい!という方は、
つながる野菜プロジェクトメーリングリストへご登録ください。
作業日程をそのつどお知らせします。
登録希望の方は、愛農会坪井までメールください。
tsuboi@ainou.or.jp

[問い合わせ先]
伊賀有機農業推進協議会 西木稔 080-3038-9339
                minor306@asint.jp

みなさんのこうした協力を通して被災地(宮城県石巻市)に
送られた野菜は「つながる炊き出し隊」に届けられ
東山小学校(避難者数約100名)など各避難所のみなさんに
提供される他、青年海外協力隊OBが炊き出しを行う
渡波小学校(避難者数約500名)にも届けられます。
さあみんなで、気持ちのつながるボランティアに参加しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上です。

あらいぶきっちんではこの取り組みに協力したい!との思いから
今月より支援金のカンパBOXを店頭に置いています。

長岡にいて、何にもできなくて歯がゆい・・・
無力感・・・

でもわずかでも助けになるなら
まずはできること!

どうぞご協力お願いします。

また、三重オーガニックマーケットでも
チャリティーブースが設置されています。
こちらの売り上げも「つながる野菜プロジェクト」の
支援にあてられるとの事ですので
みなさま、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by alive-kitchen | 2011-06-10 15:55 | お知らせ